All posts

セキュアなソフトウェアを、共に開発する

GitHubは先日Semmelを買収したことを発表しました。脆弱性を発見するには、通常、侵入テストを実行するか、手作業でソースコードを検査します。Semmleは、コードをデータとして扱うことでセキュリティ研究者の作業範囲を拡大します。QLという名前のコード解析エンジンは、コンパイラ最適化における最新調査と、データベース実装における洞察を組み合わせて使用します。コードに内在する複雑なデータ構造を把握し、研究者が宣言型でオブジェクト指向のクエリ言語を使用して解析を利用できるようにします。

リレーショナルデータベースにおいてデータに関する非常に高度な問い合わせが簡略化されるのと同じように、Semmleでは、研究者は大規模なコードベースに含まれるセキュリティ脆弱性を非常に簡単かつ迅速に特定することができます。多くの脆弱性には、その根本的な原因と同じタイプのコーディングミスが存在しています。Semmleを利用することで、コーディングミスのバリエーションをすべて見つけることができるため、同様な脆弱性を除去できます。Semmleはこのアプローチを取ることで多くの問題を飛躍的に少ない誤検出で見つけることができます。

Image of Shanku Niyogi

SemmleがGitHubの仲間になりました

米国時間2019年9月18日、GitHubはSemmleを買収したことを発表しました。これは、オープンソースサプライチェーンの保護における大きな一歩になります。Semmleの革新的なセマンティックコード解析エンジンを使用することで、大規模コードベースに含まれるコードのパターンを特定し、脆弱性とその亜種を検索するクエリを作成できます。

Image of Nat Friedman

GitHubトークンスキャニング — 10億のトークンを検出、新たに5社のスキャニングパートナーと提携

トークンや認証情報をGitHubリポジトリに意図せず公開してしまったり、第三者が意図せずに公開してしまった情報を偶然見つけてしまったという経験はありませんか?GitHubでは約1年前に、トークンスキャニングを導入し、プッシュされたコミットをスキャンし、意図せず公開された認証情報の悪用を防止できるようにしました。セキュリティ上の脅威からお客様を守るという当社使命のもと、GitHubはAtlassian、Dropbox、Discord、Proctorio、Pulumiの5社と、各社のトークンフォーマットのスキャンについて新たに提携しました。JiraやDiscordなどの製品のトークンを誤ってチェックインしてしまった場合、チェックインから数秒以内に、トークンが一致している可能性がある旨の通知がプロバイダーに送信されるようになりました。これにより、プロバイダーは悪用される前にトークンを無効化できます。 

Image of Justin Hutchings

GitHub ActionsにCI/CD機能を搭載〜パブリックリポジトリでは無料で利用可能

GitHub Actionsを使うことで、開発ワークフローを自動化できます。GitHub Actionsでは、ワークフローや処理内容はリポジトリ内のコードとして記述されるため、作成したワークフローを共有したり、再利用するだけでなく、開発プロセスを含めてforkすることも可能になります。昨年のGitHub Actionsのリリース以来多くの反響があり、その結果、GitHub ActionsにCI/CD機能を実装するという結論にいたりました。

Image of Nat Friedman

GitHub Enterprise CloudのSSH証明書認証

GitHub Enterprise Cloudは、SSH証明書をサポートするようになりました。これにより、企業や組織は所属するメンバーがリポジトリにアクセスする方法をより高度にコントロールできます。SSH証明書では、あるSSHキー(認証局)で別のSSHキーに署名でき、キーの所有者である開発者の情報も含まれます。管理者はSSH認証局(CA)の公開鍵をアップロードして、メンバーがGitの認証に使用する証明書の発行を開始できます。証明書は、企業または組織に属するリポジトリへのアクセスのみに使用できます。また、管理者は、リポジトリへのアクセス時に証明書の使用を必須にできます。

Image of Ben Toews

セキュリティを重視した開発手法ベストプラクティス

モバイルアプリケーションから大規模な金融機関のインフラストラクチャーまで、ソフトウェアの構築方法は急速に進化しており、セキュリティは開発者が最初から考慮するものとなりました。開発のペースが速まると、セキュリティ侵害のリスクが大きくなります。セキュリティに気を使っている大企業でさえ、公開されているソースコードにパスワードを残したり、お客様の個人データを漏洩したり、明らかに脆弱性があるのに重要なアプリケーションを本稼働させたり、といったことは珍しくありません。多くの企業が新しいソフトウェアをいち早くリリースしようと懸命になり、ソフトウェアの安全性を保つことに苦労しています。

Image of admin

GitHub Desktop 2.0をリリース StashとRebaseにも対応

GitHub Desktop 2.0が正式にリリースされました。前回の1.0のリリース以来、ワークフローのサポート向上のために数々の機能を追加してきました。マージコンフリクトを簡単に解決できる機能のほか、共同作業者がコミットして他の作業者とクレジットを共有することや、GitHubのPull Requestを確認することも可能になりました。そして、今回のリリースにより、ユーザからの要望が多かった機能であるStashとRebaseにも対応しました。GitHubではユーザの声に耳を傾け、ソフトウェア開発の成功に欠かせないワークフローのサポートに重点を置いています。ベテラン開発者もバージョン管理に不慣れな新人開発者も、GitHub Desktopなら必要なものがすぐにわかります。

Image of Billy Griffin

ソースコードの安全性を維持する新機能をリリース

私たちはお互いに深くつながり合ったコミュニティの一員であり、私たちが開発するソフトウェアは他のメンバーの作業に基づいて開発されています。新規のソフトウェアプロジェクトの99%にオープンソースコードが使用されており、膨大な量のコードの再利用によって、かつて無いほどスピーディーにソフトウェアを開発できるようになっています。一方で、このよう

な依存関係があるため、脆弱なソフトウェアが配布されてしまうと、私たち全員がリスクにさらされます。すべての開発者が、セキュリティに配慮する開発者になるという重要性が、これまで以上に高まっています。すなわち、誰もが脆弱性情報を開示し、パッチ処理を迅速に行う責任を負っています。

GitHubは、開発者が容易にソースコードの安全性を向上できるを新たなセキュリティ機能を発表しました。

Image of Justin Hutchings
View more posts