Security

All "Security" posts

GitHubのセキュリティ機能を使って、コードベースにおけるLog4jの影響範囲を特定する

気Javaライブラリ「Apache Log4j」の2.16.0より前のバージョンに脆弱性が含まれているというニュースが、世界中で注目されています。現在、本脆弱性の影響を軽減するための最も推奨されている解決策は、アプリケーション内で使われている Log4j をバージョン 2.16.0 にアップグレードすることです。さらに、GitHubのセキュリティ機能を使用して影響範囲を評価し、対処することも可能です。

Image of Brittany O'Shea

Log4jの脆弱性に対するGitHubの対応: CVE-2021-44228

2021年12月9日(木)(米国現地時間)、GitHubはLog4jロギングフレームワークCVE-2021-44228の脆弱性を確認し、対応プロセスを即時に開始しました。
GitHub Enterprise Serverのインスタンス保護のために、以下の手順のいずれかを、すぐに実行してください。

1、Log4jの脆弱性に対応するため、GitHub Enterprise Serverを新しいバージョンにアップグレードしてください。この脆弱性に対応する新しいリリースは、3.3.1、3.2.6、3.1.14、および3.0.22です。
2、ホットパッチの使用手順に沿って、既存のGitHub Enterprise Serverインスタンスを最新のパッチリリースにアップグレードしてください。この方法では、メンテナンスウィンドウなしでインスタンスをアップグレードできます。

Image of Jill Moné-Corallo
View more posts